2012年09月21日

2012年狼祭その1

9月15日(土)から17日(祝)までの期間、今年も狼祭が行なわれました。今回は諸般の事情から狼舎の一階の半分とスロープで企画展、明治売店「グリーンスポット」さんの店舗の一部をお借りして、狼グッズの販売を行ないました。

0915本部.jpg
0915本部2.jpg

こちらが企画展会場。まずは、おなじみのルークぐるみ(生後20日のルークの大きさと重さを再現した縫いぐるみ)や、オオカミの足について詳しくかつ分かりやすく説明を入れ、ジェイの実物大の足の写真を置いて、来場者にオオカミの大きさを実感してもらうコーナー。
新企画「撮って観る察る写真展」として、テーマごとに募集したオオカミ写真の中から傑作を選んで、デジタルフォトフレームとプリントしたアルバムで自由に見てもらうコーナー、全国の狼を集めた「オオカミの画像スライドショー」などを用意しました。

0915パネル展.jpg

スロープでは、「オオカミとイヌのちがい」というテーマで、イヌと似ているけれどどこが違うかを色々な視点から子供にも分かりやすい解説をしたパネルを展示しました。
毎年のパターンながら開催ギリギリまで準備に追われ、スタッフは徹夜続きながら、何とか形になりました。

0915物販1.jpg

こちらはグッズ販売コーナー。今年も様々なオオカミグッズが集まりました。昨年までと場所が変わってお客様には分かりにくかったと思われますが、それでも来て頂いた方々には感謝します。
ビーズストラップや天然石のアクセサリーなど、今までになかったタイプの商品もあり、バラエティに富んだ品揃えになりました。

0915グラスリッツェン1.jpg

0915グラスリッツェン2.jpg

そこで今回初めて「グラスリッツェン」の実演販売をさせて頂きました。
どれだけ出るか分からないので、オールドグラスを4個、ワイングラスを1個用意し、販売の合間にちょこちょこ削ってもう一つ出しました。

0915ユウキとショウ.jpg

0915ユウキ.jpg

昨年生まれのユウキとショウ。
時たま狼舎をのぞいてみましたが、キーパーさんが近くにいるのが気になって、オオカミ達は終止うろうろと落ち着かず、あまり写真が撮れませんでした。
キナコだけは現在サブゲージに隔離中。今年の初めに雄同士の争いに巻き込まれて負傷し、その後も怪我を負う事があり、これ以上のトラブルを避けるため分けています。
東山のノゾミ、旭山のレラ、円山のキナコと、事情は違えど分けざるをえない状況になっているのは、狼ファンとしては複雑な心境ですが、もしもの事を考え、命にかかわる事態を避けるためには、現状では最良の策と納得するしかありません。

そして販売の方は、6個あったグラスがまさかの完売!動物好きなお客様に気に入って頂けたようで、まとめてお買い上げ。本当にありがとうございました。

0915肉1.jpg

何やかんやで第一日目が終わり、夜は祭スタッフとゲストの計7人で焼肉屋さんへ突撃!昨年は食べられなかった熊肉も頂きました。他にもエゾシカ、ジンギスカン、サフォークなどこちらでないと食べられない珍しいお肉を10種類以上、名前はほとんど忘れましたが美味しく頂きました(ブレた画像ですみません)。
肉を堪能して、宿に着いたら日付が替わっていました…。
posted by MIKA at 21:48| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
狼祭、具体的にどんなふうだったのか気になってたのでここで見られて嬉しいです。
オオカミグッズ、いっぱいあったんですね。
行きたかったなぁ。
Posted by かべちょろ at 2012年09月23日 22:21
かべちょろ様、ありがとうございます。
今年は園側の体制が代わったり、思うようにいかない面もありましたが、開催できてよかったです。
グッズは今年も充実していましたよ。個人の作家さんの手づくり1品モノが多いので、ここでないと手に入らないものが殆どです。
元々オオカミグッズ自体少ないので、それを目当てに見えるお客様も多いです。来年は是非!
Posted by MIKA at 2012年09月23日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]