2013年01月17日

北の動物たち

1月7日、札幌から旭川に向かいます。

0107雪景色.jpg

この冬は本当に雪が多く、特急の車窓の風景もずーっとこんな感じでした。
本州の人間にとっては、こういう景色はなかなか見られるものではありません。

旭川着後、バスで旭山動物園へ。すぐに狼舎へ向かいましたが、全員お休み中だったので、他の動物を見に行きました。
因に気温は-6.5℃でした。

0107エゾシカ.jpg

エゾシカ。ほとんど動かずに雪の中で佇んでいました。
顔に雪を乗せたまま、何か哲学者のような雰囲気を漂わせていました。

0107キタキツネ.jpg

一瞬目が合ったキタキツネ。冬毛ふわふわ、もふもふ。
北海道を代表する動物の一種です。

0107オオワシ.jpg

猛禽類のコーナーに居たオオワシ。
とにかく凛々しい!

0107オオワシ2.jpg

どの角度から見ても惚れ惚れする美しさ。

お昼を済ませてから再び狼のところへ行ってみたら、元気に動いていました。
彼らに会うのは4ヶ月ぶりです。

0107ケン.jpg

ケン。真っ白な雪の中で、黒毛との対比が美しい。

0107ヌプリ.jpg

個人的にお気に入りのヌプリ。雄らしいがっしりした体つきになっていました。

0107チュプとヌプリ.jpg

2011年生まれの兄妹、チュプとヌプリ。

0107カント.jpg

2012年生まれのカント。鼻に乗った雪がチャーミング。

0107ノンノ.jpg

カントと同じ年生まれの姉妹、ノンノ。
光の反射で茶色っぽく見えますが、黒に近い焦げ茶色の狼です。
二頭とも、すっかり大きくなりました。

0107カントノンノ1.jpg

この2頭は、よく取っ組み合って遊びます。

0107カントノンノ2.jpg

どちらが強い、という序列はまだないようで、じゃれあいを何度か繰り返していました。

0107カントノンノ3.jpg

結構激しくやりあうので、時たま谷(モート)に落ちたりしますが、柔らかい新雪の上なので怪我する心配もなく、見ていて楽しくなります。

0107カント2.jpg

顔が雪だらけになってもお構いなしで遊びます。
狼たちは閉園のアナウンスに合わせてよく遠吠えをするので、この日も閉門まで待っていましたが、結局聴く事はできず。
あきらめて札幌に帰ることにしました。
この日、閉門になる3時半の気温が-7.2℃でした。
厳冬の旭川に備えてそれなりの装備はしてきましたが、長時間屋外にいると寒さで体が痺れてきました。
もしマイナス2桁だったら、きっと耐えられなかったでしょう…。
でも、元気な北の動物達に会えてよかった。
posted by MIKA at 21:18| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
雪の中で元気ですね。
毛色も様々でもっといろんな表情を見たくなります。

エゾシカの修験者のような表情が面白い(^-^)

猛禽類は皆、キリッ という表現がぴったりですね。
Posted by かべちょろ at 2013年01月21日 00:42
北方原産の動物は、やはり冬が一番美しいですね。
観察は大変ですが、凛々しい彼らの姿を見られればそれだけで満足です。
Posted by MIKA at 2013年01月22日 23:04
チュプとカント似てきましたね〜。
写真だと区別がつきにくいですわ。
私もまだ旭山でマイナス2ケタは経験してないんですが、耐えられなさそうです。。。
Posted by fumi at 2013年01月24日 23:34
fumiさん、チュプとカントは本当にそっくりです。
チュプのマズルに傷があるので、そこで見分けられますが、写真だと分かりにくいですね。
動いていれば分かるんですが、ワンモナイトになっていると、マース、チュプ、カントの白3頭が全く区別がつかず、お手上げです。
今年は特に寒さが厳しいので、狼達に会いに行くにも覚悟が必要ですね。
Posted by MIKA at 2013年01月26日 01:19
 はじめまして! 初コメントです(*´∀`*)

 私は、シンリンオオカミをはじめ、動物が大好きな人間で、度々、貴殿のブログを拝見しておりました☆彡

 旭山動物園には未だ行った事ありませんが、機会があったら、是非行ってみたいですね!!
 ただ・・・未だに、レラが他のメンバーと交われないのが残念ですね・・・。
Posted by りんりん at 2013年03月04日 17:36
りんりんさん、コメントありがとうございます。
たまにしか更新しない拙ブログをご覧頂き、嬉しいです。
オオカミのいる所を中心に時たま遠征していますが、それほど多くの園に行っていないので、まだまだ初心者です。
旭山は、北海道に行った時にはなるべく足を運ぶようにしています。一昨年、昨年と子供が生まれ、賑やかになったオオカミ舎ですが、数が増えるとうまく折り合えない子が出てくるようで、残念ですね。
動物も相性があるから、無理に一緒に出来ないでしょうが…
Posted by MIKA at 2013年03月04日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]