2013年05月10日

浜松動物園/テンちゃん編

今年はお天気に恵まれたゴールデンウィークの真っただ中に、渋滞に巻き込まれながらちょっと浜松へ行って来ました。
会いたい子は沢山いたのですが、まずはアムールトラのテンちゃん。
以前、このブログhttp://mysketchbookblog.sblo.jp/article/61064350.htmlでも紹介しました、人工哺育で育った雄のトラです。
母親のミーのお乳の出が良くなくて、人の手で育てられたアムールトラの子も、生後半年を過ぎ、「テン」という名前もついて、順調に育っています。

基本的に母親が運動場に出ている時は獣舎の中にいるテンちゃん。

IMG_3390.jpg

IMG_3366.JPG

ゴロゴロしたり、ひっくり返ったり、体は大きくなったけれど、仕草はまだ子供っぽい。

IMG_3397.jpg

上目遣いもたまりません。

IMG_3572.jpg

この日はzoo友達のHさんと一緒にあちこち廻って、ホッキョクグマのおやつタイムを見てから、3たびトラ舎へ行ってみたら…
テンちゃんが外の運動場に出ていました!
実は、母親のミーが度々帰宅拒否をするそうなのです。
親子と言えどもまだ2頭一緒に展示ができないので、ミーが獣舎に入らないとテンは外に出られません。
そう聞いていたので、外で見られる確率は低いと思っていたから、見られて本当に嬉しい!
という訳で、撮りまくったテンちゃんの姿を色々と並べます。

IMG_3695.JPG

とにかくぴょこぴょこと活発に動き廻ること!

IMG_3673.JPG

丸太の上で何してるの?

IMG_3621.jpg

後ろ姿にも萌えます。

IMG_3704.jpg

生後6ヶ月半は、大人になりかけの段階。
この時期特有の、手足の太さと体とのアンバランスさが何とも言えません。
母のミーを凌ぐ大きさに成長するのは間違いないと思われます。

IMG_3707.JPG

午後4時、後ろ髪を引かれる思いで「またね」と挨拶しました。
元気に成長してくれて、本当に嬉しく思いました。

やむない事情で離されて育ったトラの子とその母親。
私達は、立派に育ったテンちゃんを見て勝手な感想を述べているだけですが、ここまで来れたのは動物園のスタッフの並々ならぬ努力があってのことです。
生後間もない猛獣の子供を育てるには、大変な努力と忍耐が必要だったはず。
あらためて、スタッフの皆様に感謝とお礼をしたいと思います。
願わくば、離れて過ごした親子が、対面して、お互いに認識をして、同居できるようになりますように。
posted by MIKA at 11:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]