2014年03月08日

初めての四国と、のいち動物公園

10月1日夜、神戸からバスで淡路島を経由して四国、高知へやって参りました。
何を隠そう、この日が人生初の四国上陸でした。

1002入口.JPG

次の日の朝、高知駅から電車でのいち駅へ向かい、タクシーでのいち動物公園へ。

1002ハイエナ子供.JPG

1002エナさん.JPG

殆ど人がいない道を歩いてハイエナ舎の前を通りかかったら、偶然、生後1ヶ月半のハイエナの子供の運動場へ出る練習をしていました。
小さかったこの子も、今ではすっかり大きくなりました。
母親のエナさんはとても美ハイエナです。


1002ビントロング2頭.JPG

そして、ここで一番会いたかった「ジャングルミュージアム」にある、ビントロング舎へ。

1002ケチャップ.JPG

♀のケチャップさんと

1002ソルト.JPG

♂のソルト君。

1002スコール.JPG

一日2回あるスコールタイム。

1002ケチャップ2.JPG

かなりふくよかなケチャップさん。

1002ビントロング2頭2.JPG

寄り添って昼寝をしていたりしましたが、2頭の距離は微妙のようでした。


1002ウンピョウ.JPG

同じエリアにウンピョウさんもいました。
ウンピョウをしっかり見たのは初めて、その美しい模様をじっくり堪能しました。

1002おんぶアリクイ.JPG

1002しがみつくアリクイ.JPG

ミナミコアリクイの親子も見られました!
一緒に食事をした後に、お母さんが子供をおんぶして動く様子は、本当に楽しい。子供は大きいかぎ爪でしっかり背中にしがみついています。

1002親子で食事.JPG

1002餌.JPG

因にこの日のアリクイの食事は、解凍した昆虫とグレープフルーツでした。


1002アンテロープ.JPG

アフリカ・オーストラリアゾーンには、キリンやシマウマと一緒に、セーブルアンテロープが!
う〜、何てカッコいいんでしょう♡

子供の頃、動物図鑑でこの立派な角を持つ動物を知ってファンになったのですが、まさかここで会えるとは!感激でした。

のいち動物公園は、檻や柵が殆どなく、自然に近い状態で動物が見られるつくりになっています。その分動物との距離が遠い所もありますが、遮るものがないので写真を撮るのには非常に良い環境でした。
狼やライオンのような猛獣がいないとは言え、檻で隔てずに見せるために随所に工夫が見られました。

1002ルリコンゴウインコ.JPG

このルリコンゴウインコも、道を歩いていたらさりげなくその辺にいたのでビックリしました。逃げる様子もなく、じっくり観察ができました。

園内はそれほど広くないので、2周ほどして再びビントロングのところに戻って観察。

1002ビントロング2頭3.JPG

1002ソルト2.JPG

2頭に別れを告げて、園を後にして高知へ戻りました。

1002大橋.JPG

その日の夕方、再びバスに乗って本州へ。行きは寝ていて見られなかった淡路大橋を渡って神戸へ向かいます。
posted by MIKA at 21:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]