2012年05月29日

オリジナルグッズ

前回のブログから随分時間が経ってしまいました。
仕事は入っているのだけど、必要なデータが揃わないので、なかなか取りかかれません。
その間、ボーッとしていても勿体ないので、またちょこまかと作品を作っていました。
それがこれです。

缶バッジ1.jpg

直径2.5センチの小さな缶バッジです。
自分でイラストを描いてデータを作って、専門の業者に制作してもらいました。
何故こんなものを作ったのかと言いますと、長くなりますがご説明いたします。

動物好きが集まる動物園には、色々なグッズが売られています。
その園の人気者の動物、例えば上野のパンダ、東山のコアラなどはお土産グッズも沢山ありますが、一般的にはあまり知られていない動物のグッズは殆どありません。
置いても売れない、売れなければ商売にならないから作らない、まあ、当然です。
でも、そんなマイナー動物にもコアなファンはいます。グッズがあったら欲しいな。
それなら、自分で欲しいモノを作れないかな?と思ったのです。
動物好きな人は、小物に凝る人が意外に多くて、リュックに色々ぶら下げたり、帽子に市販のピンバッジを付けたりしています。
ピンバッジもいいけど、缶バッジの方が安価に作れる事が分かり、作ることにしました。

最初、ツチブタ、ビントロング、マヌルネコの3種類を作ろうと思い、ツィッターでつぶやいたら、レアな動物好きな人から「あの動物はないの?」「これも入れて」と意見が出て、どんどん増えていって、最終的には7種類。
ツチブタ、ビントロング、マヌルネコ、ミナミコアリクイ、ラーテル、ドールシープ、オオミミギツネ。
何とまあレアな動物ばかりの、「レア・アニマル缶バッジ」が出来ました!

6月2・3日に札幌で、オオカミ好きの仲間も参加する「アースデイ」なるイベントがありますが、そこにも販売用グッズとして置いて頂く事になりました。
イベントで沢山の人に、こんな小さなグッズを通して、有名じゃないけれど地球には魅力的な動物が沢山いる、という事を知ってもらえると嬉しいな、と思います。
posted by MIKA at 21:54| Comment(2) | 日記

2012年05月07日

手づくりの日々2

ゴールデンウィークも終わり、いよいよ初夏の訪れです。
少し前に、「キャピック」という刑務所内で作られた品を販売しているイベントで、こんなものを見つけました。

0507ベンチ.jpg

木製のベンチです。
以前、オオカミの縫いぐるみを乗せる為にベンチを手づくりしましたが(http://mysketchbookblog.sblo.jp/article/47767453.html)、それよりずっといい出来で、大きさもピッタリ。

0507オオカミとベンチ.jpg

元々鉢植えを飾るためのものですが、うちのオオカミ君にジャストサイズでした。
焼杉の深い色合いもいい感じです。

ここのところ、またモノ造りにはまっています。
切っ掛けは、友人の知り合いにサンドブラストの素敵なグラスを格安で作って頂いた事から。
サンドブラストというのは、ガラスに特殊な機械で細かい砂の粒子を吹き付け、表面に細かい傷をつけると、そこが白く曇りガラス風の模様ができるという技法です。
好きな柄で作れるので、オオカミのイラストをデータで送って、作って頂いたのでした。
この話をツィッターで呟いたら、量産できたら狼祭で売れるんじゃ?という意見が出ました。
しかし、実際にはかなり高いから沢山作るのは無理!と思ったところでヒラメきました。
それは、グラスリッツェンというもの。
グラスリッツェンは堅いペンのようなものでガラスの表面を削って模様をつける技法です。
手でも出来るし、手っ取り早くルータという機械で削る事もできます。
私はもちろん未経験。
そしたら、たまたま100均でおなじみのダ◯ソーで、ルータがあったのです。
お値段630円。
この値段なら試してもしダメでも諦められるし、やってみよう!って事で、安いグラスとセットで買って、作ってみました。

0507ヒカルグラス.jpg

0507ティトとヒカルグラス.jpg

東山のオオカミ(ヒカルとティト)をモデルに色々な角度の顔を作ってみました。
ルータをペンのように持ち、軽くなでるように削っていったら、何とかオオカミに見えました。
最初は力の入れ加減が分からなくて思うようにいきませんでしたが、慣れてきて色々作っているうちに、どんどん面白くはまってきました。
スタッフと、祭で実演販売したら?と冗談半分で話をしていましたが、本当にやれるかも!
買って下さった方にグラスの裏に日付やサインを入れたりしたら楽しいかな〜とか妄想が膨らんだりしている今日この頃です。

0507グラスとベンチ.jpg

先ほどの話で、余ったベンチは黒く塗ってグラス置き場にしました。
今、グラスを沢山飾るのに丁度いいサイズの棚を探していますが、なかなかありません。
最後には手づくりするしかないのかなあ…
posted by MIKA at 20:34| Comment(2) | 日記

2012年04月15日

新狼舎オープン!

4月14日(土)、いよいよ東山の新しいシンリンオオカミ舎オープンの日です。
8時半頃北門に着いた時にはすでに数人の人が並んで待っていました。
そして9時開門と同時に入場。生憎の雨模様にも関わらず、沢山の人が訪れました。

0414獣舎.JPG

一部ガラス張りの新獣舎は、奥行きはあまりないものの、横に長く、オオカミ達がのびのびと走り回れるようになっています。

0414オープン.JPG

9時30分、雨の為予定より短縮されましたがオープニング式典も行なわれ、いよいよオオカミ達が放牧場に放たれました。

0414飛び出す.JPG

あっという間の出来事で、誰が一番に飛び出してきたか不明(ほとんど同時?)でした。
写真ブレブレはお許し下さい。
皆の元気そうな姿と、のびのび振る舞う様子を確認してひと安心。

0414ティト破壊活動.JPG
0414ゲンキ破壊活動.JPG

そして、早速破壊活動…放牧場にはいくつか木が植えてあるのですが、枝にかみつきむしり取るティト(スゴイ顔)。
ゲンキも負けていません。

0414ティトずりずり.JPG

ティトと言えば、この日は斜面でズリズリ〜を繰り返していました。
そう言えば、今までの獣舎には滑り降りれるような斜面はなかったのですよね。
お爺ちゃんのサスケ氏がよく雪の上でやっているお得意の行動です。
いや、円山のジェイもだったかな?

0414ヒカル.JPG

ガラス張りは至近距離でオオカミが見られて良いのですが、ガラスへの写り込みがあって、撮影するのに苦労します。
何故かアンニュイなヒカル君、今までこのように見下ろす角度で見る事はできなかったので、新鮮な感じがします。

0414子供とヒカル.JPG

オオカミはギャラリーの中でも小さい子供によく反応するようでした。
まさに、目と鼻の先で観られるので、実際のオオカミの大きさにびっくりする人が多くいました。旧獣舎はお客さんとの距離が遠かったので、あまり大きさを感じなかったのです。

放牧場が横に長いので、オオカミ達がトップスピードで走り回る様は圧巻でした(最高時速50キロ)。
特にソニアの走りは華麗で美しかったです。速すぎて撮影できず残念。

0414ソニア.JPG

美狼ソニア。思い込みかも知れませんが、新獣舎に来て一番嬉しいのがソニアさんかも。広くて、思う存分駆け回れるから。

04143頭.JPG

ノゾミとジャックとジャネット。
ノゾミちゃんはようやく1歳になったばかりとは思えない落ち着いた雰囲気。
ちょっと高い所から見降ろしている事が多かったです。

まだまだ書きたい事はいっぱいありますが、ひとまずこれにて。

0414フットプリント.JPG

おまけ:マイケルのフットプリント。これから毎日掃除が大変そう。
posted by MIKA at 22:46| Comment(2) | 日記

2012年04月04日

ドラゴンズ・ベビー

3月27日、碧南海浜水族館へ行ってきました。
目的は、「ドラゴンズ・ベビー」という名の不思議な両生類。和名ホライモリ。
たまたま検索していて行き着いたのですが、思い出したのが、2004年にクロアチア・スロベニアを訪れた時、ポストイナ鍾乳洞という所でその生き物を見た事です。
あの子に碧南で会えるとは!と喜び勇んで出かけたのでした。

0327サクラダイ.JPG

久しぶりの碧南海浜水族館。
まず居たのがサクラダイ。春・桜に因んでの展示です。白い模様が桜の花びらのような、なかなか美しい魚です。
因に、生まれた時には皆メスで、成長するとオスに性転換するそうです。

0327ホライモリ1.JPG

そして!これがドラゴンズ・ベビー。
体長12センチほど。ヨーロッパのディナル山脈の地下に広がる世界最大級の洞窟に住む固有種で、一生を真っ暗な洞窟の中で過ごす為、目は退化しています。
4本の手足があり、白い体にピンクのえらが特徴です。
クロアチアではドラゴンの伝説があり、ドラゴンズ・ベビーはその姿形からドラゴンの子孫と考えました。
寿命は80〜100年と言われ、12年間餌を食べずに生きたとか、生態もよく分からない不思議な生物で、クロアチアでは天然記念物に指定されています。
2005年の愛知万博の時、碧南市がクロアチアとフレンドシップを結んだ縁で特別に贈られたもので、日本で見られるのはここだけです。

以下の2枚は自分がクロアチア・スロベニアに行った8年前の写真です。

055鍾乳洞地図.JPG

洞窟(ポストイナ鍾乳洞)の地図。総延長20キロにもなる巨大な地下迷路。

059トロッコ.JPG

このようなトロッコに乗って入って行きました。
残念ながら洞内は撮影禁止で写真がないのですが、ドラゴンズベビーは暗い水槽の中で見る事ができました。

0327ホライモリ2.JPG

数日後に再訪した時の写真。鍾乳石の上に上がっているところを見られました。
本当に神秘的。

0327カクレクマノミ.JPG

すっかりドラゴンズ・ベビーに夢中になってしまいましたが、他の魚も見ましたよ。
カクレクマノミ。

0327オオカミウオ.JPG

その名前から思わず「おっ」と思ったオオカミウオ。すごい顔してます。
オオカミに似ている訳ではないのですね。

最近は深海魚(オオグソクムシ)とかホライモリとか、変わった方向に趣味が行っているようですが、生物の世界は本当に奥深くて興味が尽きる事はありません。
posted by MIKA at 14:21| Comment(2) | 日記

2012年03月28日

アイドル発見

25日の日曜日の出来事です。
普段は日曜日の動物園は避けているのですが、新獣舎移動のため、今の場所で狼が見られるのは最後のチャンスということで行ってきました。
着いたらお休み中だったので、久しぶりにスターライトハウスへ。

0325コアリクイ.JPG

これはコアリクイ。意外と愛嬌のある顔をしています。

0325コアリクイ1.JPG

足を投げ出して熊さん座りしてるのを見て、ギャラリーからは「カワイイね」と声がかかります。しかし次の瞬間、

0325コアリクイ2.JPG

べろーん!アリを獲るために発達した紐のような長〜い舌です。さっきまでカワイイと言われていたのに一転「びっくりした〜」「キモイ〜」
私は気持ち悪いとは思わず、新しいアイドルを発見した気分でした。

狼舎に戻ると、皆起きて動き出していました。

0325ノゾミとティト1.JPG

近頃ここでゴロゴロするのが大好きなノゾミちゃん。
そこへティトがやってきて…

0325ノゾミとティト2.JPG

ノゾミ「お兄ちゃんちょっと待って!ハミハミしてよ!」とリクエスト。

0325ノゾミとティト3.JPG

ティト「しょうがないなあ。ほらハミハミ」
ノゾミ「気持ちいい〜もっとやって」

0325ノゾミとティト4.JPG

ティト「忙しいから後でな」
ノゾミ「ケチ!」

そしてこの日は、滅多に行かないコアラ舎へ。
1時からコアラは食事の時間なので、普段ほとんど寝ているコアラが動くのを見るチャンスです。

0325お食事コアラ.JPG

もくもくとユーカリの葉を食べるアーチャー。

0325ティアラと赤ちゃん.JPG

こちらは昨年子供を生んだティアラ。赤ちゃんは葉っぱに隠れて見えません。
親子の前にはすごい数のカメラマンが集合。皆赤ちゃんの姿を撮ろうとするのですが、なかなか現れません。
粘ること約30分、ついに!

0325背中乗りコアラ.JPG

その瞬間「おお〜」と歓声があがりました。
移動するため立ち上がったティアラの背中にしっかりとしがみついた赤ちゃん!私は初めてこの目で見た赤ちゃんの姿です。

0325ルナ.JPG

次はライオン舎へ移動し、静かに佇むルナの姿をしばし見ていました。

0325ルナアップ.JPG

ライオンといえば一般的には雄が人気あるようですが、私は雌のライオンが好きです。
精悍で凛々しくて、何とも素敵。ルナはまだ若いので、毛もつやつやで、金色の目がとても奇麗でした。

0325ソニア座り.JPG

帰り際に狼舎に寄ったら、珍しくソニアが前方で座っていました。相変わらずクールでかっこいいね!
最後にジャック一家の新獣舎への引っ越しが無事に終わりますように、と祈って、園を後にしました。
(ps.その後引っ越しは無事に終わり、狼たちは今、非公開で新しい住居への慣らし中です)
posted by MIKA at 21:27| Comment(2) | 日記

2012年03月22日

頑張れジャネット!

3月21日、久しぶりに全員揃った狼ファミリーに会いに行きました。
いよいよ来月14日、新狼舎がオープンするのですが、オープンより早めに狼たちを移動させて新しい環境に慣らすということで、今の狼舎で彼らが見られるのは今週いっぱいです。

0321遠吠え.JPG

救急車のサイレンに合わせて遠吠えが始まりました。

0321ジャネット遠吠え.JPG

こちらはジャネット。同じように遠吠えしていますが、尻尾を巻き込んでびくびくした様子。どうも、以前のような溌剌とした様子が見られません。
発情に伴う隔離など、環境の変化で精神状態が不安定なのかも。

0321ジャネットアップ.JPG

以前より痩せたとはいえ、可愛いお顔は相変わらず。

0321ノゾミとティト.JPG

最近、一番強いと囁かれているノゾミちゃん。ティトに「遊んで〜」と甘えています。

0321ソニア.JPG

相変わらず美しい、クールなソニア母さん。

0321甘噛み.JPG

ファザコンは相変わらず?ジャネット、今日もジャックに挨拶して、甘噛み。

0321ヒカル.JPG

いつも元気なヒカル君。

0321ジャネットアップ2.JPG

去り際にジャネットと目が合いました。
「何か調子がイマイチだわ」と言っているように見えました。
あなたは東山の「春まつり」の看板モデルにもなっているんだから、頑張れジャネット!
posted by MIKA at 22:43| Comment(0) | 日記

2012年03月18日

Wolves展終了

昨日、「Wolves展Part2」が無事終了しました。
今回は2つの会場で2週間づつの展示という事で、長丁場でしたが、その間沢山の方々においで頂き、とても楽しい時間を過ごす事ができました。
皆様、どうもありがとうございました。
その時の会場の様子をご紹介します。

メイプルにて.JPG

2月20日〜3月3日までの「ギャラリー喫茶メイプる」さんでの展示はこんな感じ。
ほぼ壁一面で展示しました。

ジュエ展示1.JPG

3月4日〜3月17日までの「カフェ・ジュエ」さんでは、船舶用のスポットライトが絵の雰囲気とマッチした味のある展示になりました。

では作品をご紹介。

ジャネット板.jpg

「ジャネット」
サイズ/約31cm
樫の木にアクリル絵具で直接描きました。
モデルはもちろんジャネットです。

ソニア板.jpg

「ソニア」
サイズ/約37.5cm
こちらも木に描きました。

ヌプリ.jpg

「ヌプリ」
サイズ/B3
旭山動物園のヌプリがモデルです。
黒い狼の父ケンと、白い狼の母マースの中間のちょっと変わった毛色を持つ狼、ヌプリ。
イラストボードにクレヨンで描きました。

2011年生まれ.jpg

「2011年生まれ」
サイズ/B3
東山動物園で昨年生まれたゲンキ・ヒカル・ノゾミの3兄妹。
イラストボードに色鉛筆画。

ショウ.jpg

「ショウ」
サイズ/B3
円山動物園で昨年生まれた2頭の兄弟の一頭、ショウ。
イラストボードに鉛筆画。

ヒカル鉛筆画.jpg

「ヒカル」
サイズ/B3
見返りヒカル君。
イラストボードに鉛筆画。

2010年生まれ.jpg

「2010年生まれ」
サイズ/B3
おととし生まれのマイケル・ティト・ジャネットの兄妹。
ワトソン紙にクレヨン画。

アクセサリー展示.JPG

今回は自作の狼モチーフのアクセサリーも販売しましたが、予想以上に幅広い年齢層の方にお求め頂きました。

バッグ展示.JPG

手描きのトートバッグと、昨年制作した刺繍バッグもこのように展示(非売品)。

紺トートバッグ.JPG

こちらはキャンバス地のバッグにゴールドのアクリル絵具でショウの顔を描きました。

薄茶トートバッグ.JPG

色違いのバッグに同じくアクリル絵具でヒカルを描きました。

今回は前回に比べると絵画が少なく、寂しい展示になるのではと心配でしたが、小物も出したのでそれなりにバラエティ豊かな展覧会になりました(と自分では思っている)。
ノートを置いてお客様に自由に感想等を書いて頂いたのですが、中には想像もしなかったご感想やご意見を頂いたりして、感じる事は本当に人それぞれなんだなあと思いました。
これからも制作を続けて、機会がありましたら、またこのような場を持ちたいと思います。
posted by MIKA at 14:54| Comment(0) | 日記

2012年03月08日

ライオンと狼

今週、ジャネットがついに復帰しました。
東山では繁殖制限の為に今年から8頭の狼の家族を、発情期を迎えた母ソニアと娘ジャネットを小運動場に、残りの6頭を大運動場に分けて展示していました。
その間、ジャネットが暴れるので、しまいには外から見えない寝室に隔離されてしまったりと、しばらくの間姿を見られずにいましたが、今週になって発情期が完全に終了したという事で合流したのです。
ただ、長い間別になっていていきなり全員を一緒にするのは問題があるかも知れないという事で、小運動場に母ソニアと2011年生まれの子供(ゲンキ・ヒカル・ノゾミ)と、大運動場に父ジャックと2010年生まれのマイケル・ティト・ジャネットと、4頭づつに分けての展示スタートとなりました。

0306ジャネット.JPG

久しぶりに会えた可愛いジャネット。周りが雄ばかりのせいかひときわ小柄で華奢に見えます。隔離ストレスかちょっとやつれたような感じも。
広いスペースにいても、お隣の小運動場の弟妹たちが気になるようで、そちらの方ばかり向いています。

0306破壊する.JPG

狼たちが檻のすき間から手や顔を出して怪我をするのを防ぐため、大きなベニヤ板が貼ってあるのですが、それを破壊するゲンキとヒカル。若いから体力が有り余っているようで。
彼らにしたら、何でいきなり狭い部屋に隔離されたのか、訳が分からないと言ったところでしょうが…

0306ジャネットとマイケル.JPG

時々は男兄弟と挨拶したりするジャネットですが、どうしてもお隣が気になるようです。

0306遠吠え.JPG

0306遠吠え2.JPG

そして、檻を隔てた遠吠え。
2、3頭が吠え出すとそれに応えるように吠えていました。やはり血のつながった家族。しばらくすればまた元のように、時にケンカをしたりしながら一緒に暮らして行けるのではと思いました。
それにしても、ノゾミちゃんの声はオッサンぽかったなあ…。

0306ジャネットとティト.JPG

ティトと並ぶジャネット。どうもジャネットばかり追ってしまう…。

狼を後にして、久しぶりにライオンを見に行きました。

普段は別にしている雄のサン君と雌のルナちゃん。こちらは繁殖を期待して現在同居中。

0306サン横顔.JPG

サン君の横顔。「百獣の王」という感じでりりしい。

0306サン後ろ姿.JPG

ライオンの腰の形ってハート型?何かセクシー。

0306サンとルナ.JPG

ルナちゃんとは微妙な距離。

0306サンびっくり.JPG

0306サンびっくり2.JPG

しばらくしてサンが立ち上がり、少し離れてルナの横に移動したら、何故かルナがサンに「ガオッ!!」
びっくりして固まるサン。ああ、百獣の王のイメージが…

0306サン座る.JPG

サン「あービックリした…どっこいしょ」
この後の展開は見ていないので不明ですが、この日はルナがご機嫌斜めだったのか、その後は寄り添うこともなく終わったようです。
posted by MIKA at 21:25| Comment(2) | 日記

2012年03月01日

久しぶりの水族館

今日から3月。ふと思いたって蒲郡の竹島水族館へ行ってきました。
竹島水族館、略して「たけすい」は、最新鋭の大型水槽や立派な施設もなく、こじんまりした昔ながらの小さな水族館。子供の頃から何度となく行ってはいましたが、当時はさほど興味もなく…
ところが最近、ツィッターのフォロワーさんの影響で、とても気になる生物があって、それが「たけすい」にもいる、と聞き、会いに行ったのでした。
現地まで車で約40分、今日は冬にしては暖かく、ドライブにはちょうどよい距離で快適でした。
何十年ぶり?かの訪問、まず入ると最初にいたメダカくらいの小さなフグに釘付け!ちっちゃいくせに一人前のフグの形をしているのです。何てカワユイ〜
しっかし、肝心の写真が撮れず…今日はコンデジしか持っていなくて、どうしても焦点が合わず、残念無念。
懐かしいエンゼルフィッシュなどを見ながら進むと、可愛らしい展示がありました。

301お魚マンション.jpg

「おさかなマンション」赤く塗ったブロックを重ねた飼育員さん手づくりの展示です。狭いすき間を好む魚の為にこのようにしてあります。本当にマンションの住人のようですね♪
たけすいにはこのような職員さん手づくりの展示品や看板が至る所にあって、楽しませてくれます。お金をかけなくても楽しめる工夫っていいですよね。

301オウムガイ.jpg

オウムガイ。5億年前から存在し、ほとんど進化していない為、生きた化石と呼ばれている。絶滅したアンモナイトの生き残りのようなイメージがありますが、オウムガイの方が歴史が古く、アンモナイトのご先祖様に当たるそうです(解説文より)。へえ〜

301アシカショー.jpg

12時より始まったアシカショーを見学。アシカのアイちゃん、頑張っていました。平日なのに1時間半おき、1日4回のショーがあるなんて、すごいサービス精神。

301チンアナゴ2.jpg
301チンアナゴ.jpg

これも見たかったもののひとつ。砂地から顔を出すチンアナゴ。
まるで海藻のようにゆらゆらと揺れて、時たま引っ込んだり互いにケンカしたりしています。そのゆる〜い雰囲気に思わず見入ってしまいました。
隣にいた大学生の男の子たちが、「何か癒されるなあ」と言っていましたが、同感。

301看板.jpg
301グソクアップ.jpg

そして、今日の一番の目的。
これは「オオグソクムシ」。ダンゴムシの親分みたいな生物で、深海に住み、死んだ生物の肉を食べるので「深海の掃除屋」と呼ばれています。
子供の頃ダンゴムシをつまんで丸めて遊んでいましたが、確かにそっくり。ダンゴムシほどまん丸にはならないようですが。
オオグソクムシの特徴はその目。まるでサングラスをしているかのような不思議な形。「深海のエイリアン」という仇名もあるようですが、ギャングのような、何かのキャラクターのようです。
この奇妙な愛すべき生物に触る事が出来たのです。普通は水槽越しに見るだけでまず不可能なのですが、たまたま深海魚特集?をしていて浅い水槽でサメや蟹と一緒に触れるというラッキー。いや〜来て良かった!

301ランチ.jpg

500円の入館料でこんなに楽しんだのだからと、少し遅いランチは隣のホテル竹島にあるレストランで、お魚のランチ。デザートまで頂いてちょっとリッチな気分。

301カモメ.jpg

食事の後、海岸沿いをぶらぶら歩き、竹島の神社を参拝。
波打ち際にはユリカモメが沢山いました。冬の渡り鳥だから、もうすぐ行ってしまうのでしょう。
近場のよく知っている観光地も、じっくり巡るとなかなか面白いなあと再認識しました。
posted by MIKA at 22:28| Comment(0) | 日記

2012年02月27日

嵐の前の静けさ?!

今月は北海道へ行ったり、展覧会の準備の関係やらでひと月近く東山に行っていませんでした。
折角「狼展」を開いているのに大好きな狼に会っていないのはやはり寂しい。
でもって日曜日、展示会場が休みの日に行って参りました。
しばらく会わないうちに皆変わったかな〜と思ったけれど、それほど急激な変化はなく(当たり前か)一安心。

0226ヒカルとノゾミ.jpg

ヒカルとノゾミ。よく二頭でじゃれあっています。最近、雄のヒカルの方が明らかに大きくなってきて、体つきもがっしりしてきました。昨年秋頃は爆似で区別がつかないと言われた時期もありましたが、今でははっきり識別できます。

0226ゲンキ.jpg

体つきや毛色だけでなく雰囲気まで母ソニアに似てきたゲンキ。絶対違うと分かっていても一瞬「ソニア?!」と見誤りそう。

0226ジャックと2.jpg
0226ジャックと.jpg

父ジャックに挨拶する子供達。時にもみくちゃになったり、みんなに囲まれて嬉しそうなジャック。

今年は繁殖制限のため、ソニアとジャネットが小運動場に別展示されています。しかしジャネットがよく暴れて怪我ばかりするので、奥の寝室に隔離中で、現在、小運動場ではソニアのみの展示。

一家全員揃っていた頃は、お転婆なジャネットが中心になって取っ組み合いをしたり走り回ったりしている光景が見られましたが、彼女が不在でどことなく静かなジャック一家。
4月の半ばにいよいよ新狼舎がオープンしますが、その前に一緒にするそうです。
来月のいつかには全員揃った姿を見られるはず。その日が待ち遠しいです。
posted by MIKA at 22:01| Comment(2) | 日記

2012年02月12日

冬の北海道/札幌編

北海道3日目は、札幌の円山動物園。
この日も暖かい日でした。
4ヶ月ぶりに会ったオオカミたち、冬毛もふもふ、皆立派になっていました。

0206ユウキ.jpg

ユウキ。前に会った時と印象は変わらず、女の子のような優しい顔だちをしています。

0206遊ぶショウ.jpg

雪玉で遊ぶユウキ。

0206ショウ.jpg

ショウは、ちょっといたずらっ子のような風貌。この日はこの子が一番目立っていました。後にいるのはルーク。

0206取り合い.jpg
0206取り合い2.jpg

時々二頭で骨っこを取りあって遊んだり、雄同士、いいライバルのようです。

0206ジェイとキナコ.jpg

キナコとジェイは相変わらず仲のいい様子。キナコの方がジェイのほっぺたを引っ張ったりするのですが、ジェイはちょっと迷惑そう。

0206ガラス掃除.jpg

しばらくして飼育員さんがガラス掃除をする為にオオカミ達をサブゲージに入れようと餌を投げて誘導しようとしましたが、ショウだけどうしても入らず一人で遊んでいます。
仕方がないので、豚足を遠くへ投げて近くに来ないようにして掃除を始めました。もっとも、ショウは臆病なので人の近くには寄って来ないそうですが。

0206豚足をくわえる.jpg
0206遠くから見る.jpg

その様子を時々、雪山の向こうから伺うショウの姿が何とも可愛くて。

0206ジェイ.jpg

帰り際に見た、一人(一頭)佇むジェイの姿。東山のジャックと同腹の兄弟なので外見は似ていますが、表情というか雰囲気が違います。オオカミにしては優しい顔立ちをしているのは共通点ですが、ジャックはへらへらしていて?ジェイはおっとりとして見えます。
じゃ、また会いに来るからね!と挨拶して円山を後にしました。

この日から雪まつりが始まっていて、市内は観光客であふれ返っていました。北海道訪問はオオカミに会うのが目的で、雪まつりはおまけみたいなものでしたが、ホテルと会場が近かったので、夜の会場を一回り。

0206雪像.jpg
0206雪像2.jpg

美しい!見事な雪の建造物。
この日は夜になっても気温が0℃以上という、真冬の札幌とは思えない暖かさでした。お陰で見学は楽でしたが、翌日には気温が上がりすぎて一部の雪像が倒壊してけが人が出たそうです。主催者側にも大変な今年の雪まつりでした。
posted by MIKA at 19:57| Comment(2) | 日記

2012年02月11日

冬の北海道/旭山編

先週、二度目の冬の北海道へ行って参りました。

0205掲示板」.jpg

8時25分のスーパーカムイで旭川に向かいます。前回は車で連れて行って頂いたので、電車で行くのは初めてでした。

0205駅.jpg

札幌を出発後、しばらくして、今年は異常に雪が多いという岩見沢を通過。やっぱりすごい雪でした。

旭川着後、何とかKさんと合流出来て、バスで旭山動物園へ。
日曜日だったのですごい人出でした。もうすぐペンギンパレード始まるよ、というアナウンスには耳も貸さず、「オオカミの森」へ直行。

0205狼雪像.jpg

入口にはこんな雪のオブジェがあったり。
着いた時は皆お休み中だったので、ヒグマやトラを観に行って戻ってきたら、動き出していました。
夏に会った時は小さかった子達も、皆すっかり大きくなっていました。

0205チュプ.jpg

チュプ。母マースに毛色も顔立ちもそっくりな女の子です。
体つきも華奢だけど、見た目によらず活発な子です。

0205レラ.jpg

レラ。父ケンの色を譲り受けた女の子。あまり目立つところに出て来なくて、シャイでちょっと臆病な性格のように見えました。

0205ヌプリ.jpg

ヌプリ。今回一番会いたかった子です。男の子で、毛色は母と父の中間、白と茶色と黒が混ざった複雑な色をしています。
このような、一般的なウルフカラーでもない、白でも黒でもない色のオオカミに会ったのは初めてでした。

0205ケンとマース.jpg

そして、父ケンと母マース。
このカップルも、昨年子供が生まれて、安定した関係を保っているようです。

0205争奪戦.jpg

突如始まった骨っこ争奪戦。
雪をまき散らして走るオオカミの本能が垣間みられました。

0205骨くわえる.jpg

この時はヌプリがゲットしたようでした。

雪が降ったり止んだり、この日の旭山は気温-3.5℃ほどで、この時期にしては暖かい日でしたが、長時間外で立っていたら体がガチガチに固まってしまいました。
でも、会いたかった子達に会えて満足の一日でした。
posted by MIKA at 13:46| Comment(4) | 日記

2012年01月01日

2012年おめでとうございます

切手年賀状.jpg

昨年もオオカミに明け暮れました。
動物園に通ううちに、動物全般にも目がいくようになり、人を含め、色々な動物を取り巻く厳しい環境について考えるようになりました。
今年もどうか宜しくお願いいたします。
posted by MIKA at 11:58| Comment(2) | 日記

2011年12月28日

飛行訓練

1週間ほど前の出来事です。
この日は久しぶりに朝からオオカミに会いに行きました。

1220ヒカル.jpg

朝日が当たったヒカルの顔が何か神々しく見えました。

その後、噂の壁画へ。

1220壁画.jpg

以前のブログでもご紹介しましたが、右側のオオカミがどう見ても先日亡くなったハイランではないかと、オオカミファンの意見が一致したのでした。この壁画は今年の夏に3000人の一般市民のボランティアによって完成したものですが、モデルになっているのはすべて東山に実際にいる(いた)動物ということです。
こういう形で亡きハイランの姿が残るのは嬉しいことです。
そして…

1220手に乗る.jpg

これは、もしや!
ダルマワシです。他の方のブログで見たことがありました。人工飼育で育ったダルマワシの飛行訓練をしているとのお話。
偶然遭遇したのでした。

1220顔アップ.jpg

ダルマワシは名の通り、尾っぽが短く、ダルマのような丸い体型をしている鷲です。
こんなに近くで猛禽類を見たのは初めてでした。
この子はまだ子供だそうで、子供の頃は顔が青く、成長するとオレンジ色になるそうです。
ここで定期的に飛ぶ訓練をしているとの事でした。

1220横顔.jpg

キリリとした横顔が精悍。やっぱりカッコイイ。

1220羽根広げる.jpg

着地〜まだ足元がおぼつかない感じです。
こういう姿を見ると、鳥類と爬虫類は近縁種で、「恐竜は鳥に姿を変えて生きている」という説が分かるような気がします。

肝心の飛んでいる姿は…うまく撮れませんでした。残念!

今年もあとわずかになりました。多分今年最後のアップになると思いますが、拙いブログを読んで下さってありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
posted by MIKA at 11:57| Comment(4) | 日記

2011年12月12日

今年のクリスマスは…

今年は日本にとって大変な年でした。
あの大震災は多くの人に衝撃を与え、被災者ではない私も、あの時感じたショックは恐らく一生忘れることはないでしょう。
その3月11日に生まれたのが、愛すべき東山の狼の子、ゲンキ・ヒカル・ノゾミでした。
昨日11日で生後9ヶ月、震災から経過した日数も同じという事になります。
「元気が光るように、望みを持って」という願いで名付けられた子達がこれからもスクスク育ちますように。
そして、被災された方々が希望を持てる明日が来ますように。

クリスマスチラシ.jpg

これは毎年制作している地元の合唱団の、ベートーヴェンの第九コンサートのポスターです。
かれこれ10年ほど、ここのポスターの制作をさせて頂いています。
毎年デザインは替えていますが、今年は25日(日)に開催。ちょうどクリスマスという事で、クリスマス一色のデザインにしました。
小さい画像なので分かりずらいですが、ツリーに巻き付いているのは合唱のドイツ語の歌詞です。
特別にクリスチャンでなくても、他の行事と違ってクリスマスは特に華やかな気分になりますね。
今はそれどころじゃない人達も大勢いらっしゃると思いますが、この時期に、ひと時でも美しいツリーやイルミネーションや満天の星空を眺めて心を癒して頂きたいな、と思います。
このポスターも、そういう気持ちで作りました。
ちょっと早いけど、すべての人にメリークリスマス!

このコンサートについて詳しくはこちらへどうぞ。
http://homepage1.nifty.com/oka_no9/concert.htm


posted by MIKA at 21:38| Comment(2) | 日記

2011年12月08日

冬〜オオカミの季節到来

いつの間にか12月に入り、今年も残すところ3週間ほどとなりました(早いな〜)。
ずーっと忙しいせいもあって、時間があっという間に過ぎていきます。
今日は、午後にちょっと東山に寄ってきました。

1207遠吠え.jpg

今日も一家全員でよく動き回り、時たま聞こえる遠吠え。

1207ジャック遠吠え.jpg

以前は「遠吠えの下手なオオカミ」と言われていたジャックも、見事な遠吠えを聞かせてくれました。

1207座るノゾミ.jpg

高い所に座るノゾミ。
そこに姉、ジャネットがやってきて…

1207手を載せるジャネット.jpg

ジャネット「遊ぼ!」ノゾミ「…」

1207遊ぶジャネット1.jpg

ノゾミ「お姉ちゃん、何すんねん!」

1207遊ぶジャネット2.jpg

ジャネット「暇なら相手しなさいよ!」
ノゾミ「やめれー!!」

てな様子で、しばしたわむれていました。

1207穴堀ノゾミ.jpg

しばらくすると、夢中になって穴を掘るノゾミ。
ノゾミが去るとヒカルがやってきて、その穴にマーキングしていました。

1207座るヒカル.jpg

「寒くていい季節になってきたね」と、落ち葉の上に座るヒカル。
後で聞いた話では、この日の朝、マイケルが母ソニアにマウントする事件?があったそうです。
午後はそんな気配は全くありませんでしたが…
因に、この日はジャックとソニアは特に寄り添うような様子もなく、本格的な繁殖期はもう少し先のようですが、これからどうなるのか気になるところではあります。
posted by MIKA at 00:47| Comment(4) | 日記

2011年11月22日

賑やかオオカミ一家

そろそろ紅葉の時期ですが、名古屋はもうちょっと先のようです。
先月末からトリプルで仕事が入ってしばらく身動きがとれませんでしたが、ちょっと時間が出来たので、二週間ぶりに会いに行きました。

1122ジャネット遠吠え.jpg

植物園経由で狼舎に着いたのがお昼少し前。
今日は静かだなあと思ったら、突如始まる吠え合い。
この時はジャネットのソロの遠吠えを聴く事ができました。顔に似合わず低音なんです(動画じゃないから伝わりませんが)。

1122すり寄り1.jpg
1122ジャック一喝.jpg

今日は何度も吠え合い&じゃれあいが見られましたが、いつもと違うのは、子供達にすり寄られたジャックが「うるさい!」とばかりに一喝していた事。今までは同じ事をしてもジャネットだけは叱らなかったのに、あまりしつこいと怒っていました。それでも皆、懲りずにすり寄っていきます。

1122ジャックとソニア2.jpg

そして、いつもは距離を置いている事が多いジャックとソニアが一緒にいる場面が何度か見られました。
そろそろオオカミの繁殖期なので、来年も?という期待が…。
そう言えば今日は11月22日、「1122いい夫婦の日」だし。

1122転がされるティト.jpg

2010年生まれのMTJはもちろん、今年生まれた3頭の子もすっかり大きくなって、性格や立場の違いが出てきたようです。
最近はよくティトが兄弟にいじられて尻尾を丸めて逃げる場面が…カワイソー、と思うのですが、何度も同じ事をしているから意外と楽しんでいるのかも。
体の大きいマイケルはいじめ(いじり)役、でもソニアに怒られるとすぐにおとなしくなったり。
ジャネットは相変わらず弟妹とよく遊んでいます。精神年齢が一緒だからちょうど合う、という意見もありますが。
今日はさほど寒くないだろうと思いましたが、午後から日陰になる狼舎に数時間いたらかなり寒くなってきました。
園内にはツリーも出て、もうすぐ冬の佇まいになってきました。
posted by MIKA at 23:21| Comment(4) | 日記

2011年11月10日

個性派揃い

急に冷え込んでようやく平年並みの気温になった9日、思いがけず時間ができたので、東山に行って来ました。

1109リス.jpg

リスの森もすっかり秋模様。
そして、先日来園した、こんなカワイイ子達も!

1109ヤギさんたち.jpg

ガン見されてもうメロメロ。シバヤギという小型のヤギさん達です。
写真だとあまりピンときませんが、普通のヤギよりかなり小さく、名前の通り柴犬サイズの小ちゃなヤギなんです。

1109子ヤギ.jpg

人懐っこい一匹の子がトコトコやって来ました。もう、連れて帰りたいくらい。

1109訃報.jpg

狼舎に着くと、このようなものが掲げてありました。
ハイラン、気だてのいいおばあちゃん狼でした。長い間本当にありがとう。

1109挨拶.jpg

一方、ジャック一家は今日も父に皆が寄ってたかって大騒ぎ。ジャネットに挨拶?される時は特に嬉しそう。

1109ソニアとゲンキ.jpg

同じ黒狼のソニアとゲンキ。ソニアは相変わらず小顔の美狼。
ゲンキはすでにソニアより大きくなっていました。ゲンキのヤギみたいな長い顔は相変わらずですが、前回見た時よりバランスが少し良くなったかな。

1109ヒカル1.jpg

あまり長い間居られなかった割には、いいショットに沢山巡り会えました。特にヒカルのいいお顔が沢山見られてもう満足。

1109ヒカル2.jpg

じーっと佇む姿にもうウットリ。

1109ノゾミ.jpg

なかなかじっとしてくれないので、いつも写真がうまく撮れないマイペースな姫、ノゾミも、今日は何枚か撮れました。

1109遠吠え1.jpg

そして、遠吠えも見られました。
全員揃ってではなかったけど、狼たちのすごい騒ぎを聞きつけたお客さんが集まってきました。

1109遠吠え2.jpg

二度目の遠吠えタイムでは、ノゾミとジャックのツーショット。
名古屋の狼ファンの方と一緒に観察していましたが、色んな場面が次から次へと現れて本当に面白かったです。
posted by MIKA at 00:18| Comment(2) | 日記

2011年11月04日

ワインフェスタ

11月3日、この日は多治見修道院で行なわれる恒例のワインフェスタに行ってきました。
昨年のブログでも載せましたが、会場は広大なぶどう畑を持つ大きな修道院で、知的障害のある人達が世話をして育てたぶどうで作られたワインを味わいながら、障害者の自立を助け、応援するという趣旨で開催されています。
ここで作られたワインはもちろん、世界の珍しいワインも試飲できるお祭りという事で、とても楽しみにしていました。

1103看板.jpg

アルコールを飲むので今日は運転は厳禁、中央線で多治見まで行き、シャトルバスに乗り換えて会場へ。
想像していたよりもすごい人の数にびっくりしました。

1103試飲.jpg

入場料(当日券3,000円)にはワイングラスと750mlワイン1本が含まれています。
試飲コーナーでは世界各国の数十種類のワインが試飲できます。おちょこ一杯くらいの量でも、何種類も飲んでいると酔っぱらってきます。

1103メニュー.jpg

食べ物のメニューも豊富で、ワインに合うオシャレなオードブルから焼きそば、おでん、コロッケなどあらゆるものがありました。

ワインとおつまみでお腹を落ち着かせた後、大聖堂で行なわれたパイプオルガンのコンサートへ。撮影禁止だから写真がないけれど、本格的な聖堂で聴くバロック音楽は格別でした。
再びワインのコーナーへ戻り、ランチタイム。

1103ワイン説明.jpg
1103パレスチナワイン.jpg

珍しいパレスチナ産のワインもありました。
イスラエルでは見かけませんでしたが、飲みやすい、くせのないお味でした。

1103ホットドッグ.jpg

結局お昼はオーストラリア産のワイン(グラス売り300円)とホットドッグで。これがまた美味でした〜。
収穫が終わったぶどう畑で食事を楽しみます。広い畑のあちこちでレジャーシートを広げて食事する姿は、さながら秋のお花見でした。
違うのは花が咲いていない事と、お酒が日本酒やビールではなくワインだという事です。

1103コンサート.jpg

食後ちょっと散歩した後は、野外コンサート。
出演はケン・バルディスさん。私の地元で行なわれるジャズコンサートにも毎年出演している、とても素敵な声の持ち主です。
段々盛り上がるコンサート。日本人は座って聴いている人が多いけれど、アジア系外国人のグループはもうノリノリです。

最後のアンコールの「マイ・ウェイ」を聴いていたら、ジーンときてしまいました。
ちょっと前にツィッターをチェックしたら、東山動物園のオオカミ、ハイランが亡くなったというニュースが入っていました。楽しいイベントの最中に思いがけない訃報。そこにマイ・ウェイのメロディーがかぶって、思わず泣けてきました。

イベントを堪能した後、引換券で貰った「リースリング」というアルザスワインに加えて修道院オリジナルの白ワインとクッキーを買って、一気に重くなったリュックを背負って多治見を後にしました。ここに来る人は帰りに荷物が1キロは重くなるから、リュックをお勧めします。
その日の夕食で、早速ワインを開けました。やや甘口で飲みやすいワインでした。
結局この日、どんだけワインを飲んだのでしょうか…。
posted by MIKA at 15:46| Comment(2) | 日記

2011年10月25日

ゆったり〜京都・大原

昨日、久しぶりに京都・大原へ行きました。
10年以上前に有名な三千院だけは行った事がありますが、今回は他のお寺もじっくり廻る事にしました。

勝林院阿弥陀.jpg

最初に訪れた勝林院の阿弥陀如来像。大きくて光り輝いてすごい迫力。炎を背負った不動明王も何故か現代風で、造形的にも面白いと思いました。

宝泉院額縁庭園.jpg

宝泉院は「額縁庭園」と呼ばれる美しい庭園で有名です。こういう所は人が少ない時にじっくり訪れるのがいいですね。
もう一つここで有名なのは「血天井」という、戦に負けて自害した武将の血がしみ込んだ廊下を天井に祀ったものがありますが、ただのシミなのか血の跡なのか、いまいち分かりませんでした。

石畳の道.jpg

こういう風景がいかにも京都らしい石畳の道。

実光院石盤.jpg

これは、縄文時代の矢じりではなく、石で出来た楽器。
今回初めて知ったのですが、大原は「天台声明」という仏教音楽の伝統が伝わる所なのです。「天台」は天台宗のことで、「声明」というのはキリスト教でいう「グレゴリオ聖歌」のようなもので、仏教の経典に節をつけて唱うものです。
普通のお経とは違って、より唄らしいリズムのある「音楽」です。
和楽の音階は西洋のオクターブより多い12音階で、この楽器もその音階になっています。
因に、「ろれつが回らない」という言葉の語源は「呂曲」と「律曲」という声明の旋律で、呂も律もうまく唱えない、どうしようもない状態からきているのだそうです。

実光院不断桜.jpg

実光院の庭には不断桜と呼ばれる秋に咲く桜が咲いていました。以前見た四季桜の仲間かと思いましたが、四季桜より花が大きく鮮やかです。

三千院極楽院.jpg

最後に三千院へ。よくポスターで使われるアングルで撮る。もう少しすると紅葉でより一層美しい景色になるでしょう。

わらべ地蔵.jpg

苔むした庭に点在するわらべ地蔵。何だかほっこりします。
大原で久々にしっとりとした静かな時間を楽しみました。ちょっと遠いけれど行って良かったなあ、と思いました。
posted by MIKA at 21:08| Comment(0) | 日記